ジャカルタ激安置屋街 カリジョドでロリ美少女に生ハメ

ジャカルタには非常に多くの夜遊びスポットがありますが、中でも格安でヤリまくれるのはやはり「カリジョド (Kalijodo) の置屋街ではないでしょうか。

 

ジャカルタ最大のスラム置屋とは言われていますが、治安もさほど悪いワケではなく、よっぽど目立った行動をとらない限りは比較的安心して遊べる場所かもしれません。近くのマンガベサール通りは日本人もたまに宿泊しているため、駐在員の方などは注意が必要です (笑)

 

地図・行き方

時間帯はだいたい夜7時~午前3時くらいまでですので、昼間からハメたいという方はまた別の「連れ出し置屋」へ行ってみると良いでしょう。

 

 

相場

基本的には 15万ルピア程度で統一されている感じです。もっと安い嬢も見つけられないこともないですが、見た感じちょっとヤバそうな気配がただよっていたり、モンスターだったりと、ここでは見た目重視でも十分安上がりなので、お金の事は気にせず楽しみましょう。

 

 

未成年も

 

もちろん、といういい方はおかしいかもしれませんが、もちろんこういったエリアには18歳未満の嬢も働いているため、注意が必要です。そもそもインドネシア人はロリ顔なコが多いので、18歳、19歳でも十分良い感じのロリ嬢がたくさんいます。

それでもスリルを味わいたい!という方はまぁ、ご自由にどうぞ…。

 

 

管理人ペラさん体験記

 

とにかく他のレッドライト地区と比べても、危ない雰囲気の漂っているエリアであることは間違いないので、何が起こっても冷静に対処する気持ちで落ち着いて射精まで行いましょう。

10455642_377372142462478_2579714833319791956_n

さて今回ペラさんが選んだのは身長140センチ台の18歳ロリ美少女です。

置屋に入った瞬間から非常に人懐っこくアプローチしてくれたので、これはサービスも良いだろうと即決。お店の名前などはあってないようなものなので、看板と外観、内装を記憶するように心がけましょう。

おキニの女の子ができても場所が思い出せなかったりすると悲惨です。

 

とはいっても嬢の入れ替わりもものすごい早いですけどね…。

カワイイ娘ほどすぐ引き抜かれてしまいますからね。。。

 

 

置屋の中はお世辞にもキレイとはいえず、ザ・東南アジアのヤリ部屋という印象です。その辺気になる方は素直に大型店へ行ってキレイなお部屋で済ませた方がいいでしょう。

 

嬢とヤリ部屋へ移動し、プレイ前のイチャイチャ開始です。英語が堪能なのもあって、交渉が非常にスムーズです。アナル舐め、NN, NS何でもござれという事だったので、ペラさん一瞬魔がさしそうになりましたが、キチンとコンドームを装着し、ディープスロート、アナル舐めのみお願いすることに。

しかしこの嬢、終始笑顔が絶えません。年齢も18になったばかりという事ですので、おそらくその前からずっと働いているのでしょう。

 

ファラン仕込みかどうかわかりませんが、おそらく何でもデキル娘ではないかと。。

 

ペラさんの愚息を喉の奥までくわえ込んでくれます。いやぁ、これは俗に言う「のど輪絞め」でしょうか。

18歳にしてこの匠の技…末恐ろしいです。。

 

こちらも応戦し乳首舐め、ディープキスと嬢を責め立てます。若いのですでにグッショリです。天然の淫乱娘なのでしょうか。もう待てないと言わんばかりにペラさんの愚息を催促してきます。

 

おい、まだ舐めてもらってないぞというと、素直に謝ってくれます。なんて教育の行き届いた嬢なのでしょう。

そのままゆっくりと明日(Ass)周辺を丁寧になめまわし、ゆっくりとした舌遣いで本陣菊丸へと突入です。

ぐりぐりぐりぐりと少しずつ責めてきます。緩急もバッチリです。

もうイキそうです先生!

 

 

これはイカンと思い、ヨシヨシと褒めてそのまま18歳ロリ美少女のアソコにペラさんの愚息をねじ込みます。

ねじ込むという表現がまったく合わないぐらいの潤い具合、これはペラさん夜遊び史上最高峰の嬢を発掘してしまったかもしれません。

 

体位を変える余裕もなく、ものの10分程度でフィニッシュ…。

 

ペラさん完敗です…。

 

 

負けず嫌いのペラさんですので、当日のうちにインターバルをとって2回戦へと赴きました。

 

2回目は、「あ、また来たの?」みたいな感じでクスクスされましたが、「恋してしもたん」と言ったところ、またクスクスしてくれました。

 

2回目はイクのに時間がかかるのはわかっていたので、会話メインでゆっくりプレイ。やっぱりなかなかイケんなぁという事でゴムなしプレイに。昇天とはまさにこの事、カワイイロリ顔を拝みながら中にたっぷりクームパイです。

 

また来るねと言い残すと、屈託のない笑顔で手を振ってまたねと言ってくれました。

 

 

これはきっと恋です。

 

 

 

さて、カリジョド周辺の動画はこちら

ペロさん(管理人)
インドネシアで働く元駐在員でしたが、独立してジャカルタで気楽に余生を過ごしております。カリジョドハマり組、ブロックMあたりの KTV はあんまり好きじゃないです。ナンパ・ハメ撮り寄稿はこちらまで。

コメントを残す

質問・感想など気軽にどうぞ

メールアドレスが他のユーザーに公開される事はありません。

*
*