ジャカルタで格安アパート「KOST」を愛の巣にして現地妻を住まわせよう

短期旅行でジャカルタの格安宿に泊まるなら、カプセルホテルやドミトリーを利用すればいいし、バックパッカーでも安くて良い物件に泊まりたいという人なら、Air bnbを活用すれば、いくらでも品質の良いサービスアパートメントやコンドミニアムは見つかるはずです。

しかし、現地で作った愛人を住まわせるとなると、当然事情が変わってきます。

 

ジャカルタの格安アパートといえば「Kost」

「Kost」という言葉聞きなれない方も多いとは思いますが、ザックリ言うとインドネシア国内では「シェアハウス形式の物件」の事で、バスルームやキッチンは共同利用、部屋に鍵はかけられますが、警備員はいたりいなかったり。

という感じのちょっとアブなげな物件ですが、これからお見せする物件をみれば、日本の西成のタコ部屋よりはマシだと思うかもしれませんよ?

 

英語対応!ジャカルタKOST検索サイト

1. SewaKost (www.sewakost.com)

こんな感じで月150万ルピア(12000円程度)ですので、愛人を常駐させておくにはちょうどいいグレードかもしれません。バスルームはお湯が出ないところも多いですが、中華製の給湯器でも設置しておけば大丈夫でしょう。もしくは完全に愛人常駐用といつわって、遊ぶ時だけホテルや自分の部屋に連れ込むのがいいかもしれません。

 

2. Infokost.id (www.infokost.id)

こちらはKOST以外にも、サービスアパートメントやVilla(戸建て)の検索もでき、おまけにスマホアプリ対応です。(Androidのみ)

SewaKostと比較すると、若干高めの物件が目立ちますが、セキュリティ面ではその分期待ができるかもしれません。

フィルター機能も充実しており、非常に使い勝手は良いです。

 

3. kostjakarta (www.kostjakarta.com)

こちらは英語にも対応してはいますが、サイトが全体的に使いづらいです。物件もジャカルタのみで、全体的にちょっと古臭い感じです。ツイッターの更新も止まっており、きちんと機能しているのか少しアヤシイですが、参考まで。

 

番外編:Mami Kos (mamikos.com)

機能面ではこのサイトが恐らくナンバーワンと言っていいでしょう。しかし、高機能でありながらも対応原語がインドネシア語オンリーという、このギャップが溜まりません。KOSTに興味無い方でも是非一度サイトを訪れてみてください。アンドロイド、アイフォンどちらのスマホアプリもあり、フィルタ機能も充実。

おまけに最近流行りの360度撮影にまで対応しているという、日本の不動産サイトより機能面では優れているのではという出来。

問い合わせは、各物件ページ右下の「KIRIM PESAN」から可能です。頑張ってインドネシア語で質問してみましょう。

 

マミコスならバリ島、ジョグジャカルタ、スラバヤ、バンドゥンでもKOST探し可能

ジャカルタ以外の地域の掲載物件数もかなり豊富で、地図を見ながら物件の詳細もチェックできるという優れもの。

 

ラインナップはピンキリで、なんと月30万ルピアから存在し、こんなとこ人間の住むとこじゃねぇ!と言いたくなるような物件でも、日本には持ち帰れないようなアヤシイものを保管しておくストレージとして使うにはちょうどいいかもしれません。

 

KOSTのこんな使い方 メリット・デメリットなど

  • 物件によっては人の出入りに全く干渉してこない(逆を言うと空き巣被害などは多いかも)
  • 何らかの行為をするためだけのスペースとして利用可能(対人トラブルなどが起きた時は契約上少し面倒)
  • 純粋に物置としての利用が可能(衣類など嵩張るものであまり価値の無いもの)
  • ローカルの人たちとのふれあい(プライスレス)

知人の駐在員の方は妻子がありながらも愛人を囲い、その部屋に日本で買ったコスプレ衣装やアダルトグッズをストックしているそうです。。( ;´Д`)ムハァ

サービスアパートメントはセキュリティの面で、何かと人の出入りにうるさいため、定期的に女の子を連れ込みたいぞという方は、こういったローカルのお部屋を借りてみるのも手です。

 

くれぐれも貴重品などは置いていかないよう気をつけましょう。また、念のためと思ってカギ付きのキャリーバッグに閉まって家を後にする人もいるかもしれませんが、空き巣犯からすると、きっと何か良いものが入っているに違いないと思って、そのまま持っていかれかねません。

基本的には鍵をつけて保管しておかないといけないようなものは置かないようにしましょう。

 

実際にそんな感じで部屋借りてるよぉという方いましたら、いつでもコメント欄に御寄せ下さいませ( *´艸`)

タイ風俗敗走組
副管理人(仮)
30代前半でタイにハマり、バンコク→パタヤと沈没生活を経験。タイ滞在中も東南アジアで春を買いまくる性活を過ごす。インドネシア初訪問で伝説のカリジョドに出会い、第二の沈没性活をジャカルタで送っている堕落者。執筆活動一覧はこちら

コメントを残す

質問・感想など気軽にどうぞ

メールアドレスが他のユーザーに公開される事はありません。

*
*