ジャカルタ売春バー(援交バー)CJ’s Barでモデル美女ゲット

タイのテーメーカフェ、マニラのL.Aカフェと、東南アジアにはほぼすべての国にこういった援助交際バーが存在しています。ほとんどの嬢はもちろん管理されているワケでして、結構他のお店で働いている娘たちも空き時間に利用している事もあるのだとか。

相場も100万ルピー(だいたい9千円)と高く、頻繁に通う事はないのですが、たまにモデル級の美人なんかもいたりするので目の保養だけでも来る価値はあります。

 

 

CJ’s Bar(Mulia Hotel内)

 

一部とびっきりの美人がいる!というだけなので、正直カリジョドとかブロックMの置屋エリアにも普通にいるだろってレベルの娘もいます。

 

まずこういうところに来て注意すべきは、なるべく緊張している感じ・慣れてない感じのコを選ぶ事です。

 

緊張している=本人もまだ日が浅く、知り合いも少ない。

 

場合によってはお店未経験なんて娘もいますからね。

(本人はそう言ってるだけで実は…なんてこともありますけど 涙)

 

なので、少し引っ込み思案な感じのコでもし光るコがいたらすぐ自分から声をかけましょう。

 

こういう場所は基本的に女の子の方から話しかけられる場所なので、積極的なコ(とにかく稼ぎたいコ)ほどぐいぐい来ます。

タイプじゃないと思ったら、なるべく早いうちに笑顔でバイバイしておきましょう。

 

さて、お店にいた同志の日本人たちをよそに、モデル体型のアラビック(イスラミックか)美女を発見するや否や声をかけます。

値段は150万ルピー…。

 

置屋で6Pぐらいできるぞ…。

 

とは思ったものの、エロい瞳のアラビック美女には目が無いペラさんですので、即決オーケーです。

 

一緒にいた日本人に取られなくて良かったです…。

みなさんロリコンだったのかな?

 

そんな事どうでもいいかとホテルへのタクシーへと乗り込みます。

 

モデル級の美人さんなので、シャワーは別々かなぁと思いきや、一緒に洗いっこしてくれます。

ワシより足長いでしかし…。

 

とにかくクビレといい乳のデカさといい、色が白ければ完全に嫁候補です。

 

シャワーを済ませベッドの上で早くもマグロになっていると、彼女が出てきました。

 

電気はもちろん消さず、全てを委ねます。

 

アラビック美女=痴女

 

というペラさんの勝手な偏見から、とりあえず彼女の責めが見てみたくなりました。

 

今日はたくさん歩いて疲れたよ…。ペラさんがそういうと、彼女太ももマッサージをはじめてくれました。

 

モミモミ

モミモミ

 

癒されます。

 

そう思ったのも束の間、彼女の手がペラさんの愚息に。

 

そのまま会話もなくパックんちょされ、そのまま玉袋・菊門舐めと、とにかく一通りの事はやってくれます。

 

しかし尺八をされているときの表情がエロすぎます。

 

彼女の表情を見ているだけでもヤバそうになったので、マグロモードを解除し攻勢に回ります。

 

やっぱり最後は顔を見ながらちゃんと中にキメたいですからね!

 

ゴムはつけてね(はぁと)とちょっとだけ念を押されてしまったので、NNは断念しましたが、ものの5分足らずで一発目終了。

 

彼女まだまだ余裕の表情です。

ペラさんまたも敗北を期してしまったようです。。

 

でも回復力の速さならだれにも負けません。

 

早撃ちペラさんの通り名は、今だジャカルタでは健在です。

 

3時間で4発。

 

さすがに出し尽くしたので、部屋にマッサージ嬢を呼んでそのまま寝ました。

 

ただやっぱり遠いよなぁ、もうちょっとコタに寄っててくれれば通いやすいんだけどなぁ。

ペロさん(管理人)
インドネシアで働く元駐在員でしたが、独立してジャカルタで気楽に余生を過ごしております。カリジョドハマり組、ブロックMあたりの KTV はあんまり好きじゃないです。ナンパ・ハメ撮り寄稿はこちらまで。

コメントを残す

質問・感想など気軽にどうぞ

メールアドレスが他のユーザーに公開される事はありません。

*
*