インドネシア通貨を入手する方法と空港で両替する時の注意点

インドネシアへ渡航する前に、現地の通貨を日本の空港の両替所で調達なんてしてませんか?レートものすごく悪いですよ!

このページでは、お得にインドネシアの通貨インドネシアルピーをゲットする方法を紹介します。

 

インドネシアルピーの種類

インドネシアの通貨は、硬貨と紙幣があり、硬貨は硬貨は25、50、100、200、500、1,000ルピアが発行されており、紙幣の方は、1,000、2,000、5,000ルピア、10,000ルピア、20,000ルピア、50,000ルピア、100,000ルピアの7種類があります。

 

最もレートが良いのは市内換金所?

基本的に、どの国も両替レートが一番良いのは、市内の両替所や宝石商というのが一般的です。それでも旅行者は手元に現金がないままタクシーを拾って予約してあるホテルまで行くという人はなかなか稀です。万が一の時に現金があった方が良いですからね。

そういった心理を利用して、空港内のレートは若干高めに設定されています。同じように、ATMや銀行がほとんどないようなリゾート地もレートは高めです。

 

空港での両替は最低限度に

私は、もう日本とインドネシアを何度も行ったり来たりしているので、さすがに空港で両替をする機会もなくなりましたが、基本的にはスカルノハッタ国際空港や、バリのングラ・ライ国際空港(旧デンパサール空港)では、最小限のお金(1万円)だけ両替して、残りは市内で両替する方がお得です。

もちろん空港のATMでまとめてキャッシングという手もありますが、手数料や利息を減らすにはクレジットカード会社へ直接電話する必要があります。忙しい人からすると、この手間は結構面倒なので、放置してしまう事もしばしば。できれば現金を持っていって市内でまとめて両替したいものです。

まとめ

  • 日本国内でインドネシア・ルピーを両替するのは控えよう
  • インドネシアの空港でも1万円程度両替して、残りは市内で両替しよう

 

合わせて読みたい

インドネシア国内の売買春に関する法律(未成年淫行は重罪)

インドネシア国内防犯対策(スリ・強盗・賭博・薬物不法所持)