インドネシア出会い系まとめ 現地の女の子と出会えるスマホアプリ9選

東南アジア一の親日国家インドネシアであれば、わざわざオンラインデートアプリや出会い系サイトなんて必要ない?

確かに、モールのショップ店員相手なら、ドラえもんカバーのついた日本国籍のパスポートを見せさえすれば、簡単に番号ぐらいはゲットできてしまうかもしれませんね。

つまらない冗談はさておき、今回は、インドネシア現地で盛り上がりを見せている出会い系アプリ(サイトも含む)9選を一挙公開しちゃいます。BadooやIndonesian Cupid、位置情報が便利な Tinder、 WeChat、タイでも有名な Beetalk などなど、中にはもう知ってるよなんてものもあるかもしれませんが、最近出てきたマイナーな出会い系も紹介していますので、最後まで読んでもらえると嬉しいです。

 

慣れない海外生活で人肌恋しくなったら…。

ジャカルタ、バリ果てはバタムといった地域へ海外赴任の内示が出て、渡航前からすでに現地の若くてエキゾチックな女の子たちとの出会いに胸躍らせいる、そこの独身サラリーマンさん。そして、すでに駐在歴数年のブロックMベテラン所長さんも、ストレスの溜まる生活が続いて、ついつい夜のお店で働いている女の子に手を出してしまいがち。

しかし、お水の商売をしているコと関係を長続きさせるのは、日本同様非常に難しいものです。

駐在員向け 絶対に失敗しないインドネシアでのオンナ選び

 

いつも出会いは面接から

ゲスい見出しで恐縮ですが、身元の知れない女の子とはできれば関係を持ちたくないもの。仮に愛人契約をするとしても、それなりにおつむが詰まってて常識のあるコ、欲を言うと口が固くてあそこもキツ目のネシアっ娘が良いですよね。

リスクを考慮するとなると、やっぱり出会い系アプリやサイトを使って出会うのが一番安全で高パフォーマンスではないでしょうか。

 

中級層のネシアっ娘とお近づきになれる

いつもお世話になっている身分でこんな言葉を遣うのはいささか恐縮ではありますが、いわゆる現地のド底辺の女の子というのは、基本的に置屋や風俗店で働いているような女の子の事です。決して彼女ら全員が素養も教養も無いとは言いませんが、長期的な関係を気づくとなると、金銭的な部分でもいずれは破たんする事でしょう。

(愛に障害はつきものさ!という人はどうぞご自由に。)

 

そんなわけで、スマホアプリで登録からプロフィール画像アップロードぐらいはできるおつむの女の子たちと出会える、現地の人気出会い系アプリをどうぞ!

 

 

1. Tinder (ティンダー)

有名すぎるので今更多くを語る必要もないでしょう。GPSを利用したご近所検索アプリで、プロフィール画像を気に入ったら♡をタップ、または右へスワイプ、そうでなかった場合は×をタップか左スワイプで相手とのマッチングを探っていきます。

相手もこちらのプロフィール画像を見て♡を選んでくれた時に限りメッセージを送ることができるという、非常に合理的な出会い系アプリです。

ただ、無料会員だとインドネシア国外からはインドネシア在住の女の子を探すことはできないので、その点は注意が必要です。

このアプリのユーザーの特徴としては、英語が話せる女の子が非常に多く、それなりの所得を得ている、いわゆる中流層の女の子たちとも出会えるという点です。面接なりデートなりしてみるとわかるかと思いますが、ファッションもある程度洗練されているコが多いように思います。最近ではすそ野が広がってきていて、ローカルのモールで働いているようなコもチラホラ見かけるようにはなりました。

 

Tinder唯一の欠点

仕組みはひたすら画像をスワイプしてマッチングを探していくというシンプルなものなのですが、反面フィルタリング機能といったものがないため結構な時間を浪費することになるかと思います。カワイイ女の子の画像ばかりなら目の保養にもなって良いのですが、ブスが3連ちゃんで出てきたりすると手の震えが止まらなくなってきます。そして4人目にカワイイコが出てきたのにつられて×を選んでしまった時などは、本当にブスたちへの怒りが収まりません。

また、ブス以外にも、なぜか白人(通称サクラ)がたまにちらほら出てくるので、ノイズが多いアプリとしても有名です。

 

Tinder攻略の秘訣

最初はひたすらハートをチョイス。そうすれば効率的に女の子と出会う可能性はグンと上がります。

※運営も対策をしたようで、1日に♡を選べる回数に制限がかかりました。

有料会員になるのも手ではあります。ただ購読は申請しない限りキャンセルできず、なんの知らせもなく毎月口座から引き落としされてる…。なんて声もちらほら聞きます。

 

 

2. IndonesianCupid.com(インドネシアンキューピッド)

管理人が個人的に一番愛用している出会い系サイト。Tinderは仕事してないヒマ人なら完全無料で楽しめるのでオススメですが、前述したようにフィルタリングができないので、ブス、ブス、ブス、そしてまたブス、と表示されると相当なストレスでカウンセリングが必要になるかもしれません。

ストレスマネジメントも社会人の重要な仕事の一部。普段、本社と現地スタッフの板挟みで心身ともに疲れているのに、スキマ時間にわざわざブスの画像を眺めているヒマなんぞないというあなたには、インドネシア現地の出会い系サイトの老舗、Indonesian Cupid(インドネシアンキューピッド)が最適。

年齢や住所によるフィルタリング機能、メッセージ翻訳機能、ビデオチャット機能と、女の子の面接すらオンラインで済ませる事ができるという至れり尽くせりの出会い系サイト。

ネシアンキューピッドに関しては、当サイトで何度も紹介しているので、興味のある方は関連記事をご覧ください。

インドネシアの出会い系攻略法を徹底解説しちゃいます!

 

インドネシアンキューピッドの特徴

このサイトの利用者の特徴としては、外専(外人専門)の女の子が多いという事があげられます。管理人のペロさんはもう3年ぐらいずっとプラチナ会員ですが、とにかく日本人と友達になりたい、日本人の彼氏が欲しいという女の子からコンタクトが毎日のように来ます。ペロさんはもう40代で決して若い方ではないのですが、それでも言い寄ってくるコがいるので、20代なら会員登録だけでもしておいて損はないはずです。

一応有料会員になればメッセージの翻訳サービスも利用できますが、ほとんどの女の子は英語ができるので、月25ドルのゴールド会員だけでも十分かと思います。もちろん無料でも利用はできますが、Tinder同様時間の浪費で終わる可能性は非常に高いです。

このサイトの素晴らしいところは、メッセージの検閲が厳しくないという点にあります。メッセージで電話番号やLINE, Viber, BBMのIDを交換してもなんらお咎めありません。

また、多いときでは1000人近くの女性ユーザーがオンライン状態だったりしますので、割り切りの女の子、デート希望の女の子、そして結婚希望の女の子までより取り見取りといったところです。

※スマホアプリはありませんが、スマホのブラウザを開いてログインすれば、アクセスすることができます。

 

 

3. Badoo (バドゥー)

バドゥーは、以前は非常に素晴らしい出会い系ではあったのですが、近年その勢いは衰え気味です。2016年の12月にチェックした限りでは、クリスマス前であるにも関わらずオンラインユーザーはわずか500弱と、上記のインドネシアンキューピッドにはるかに及びませんでした。

とはいえ、パソコンからもスマホからも利用できるその利便性はまだ健在ですので、気に入る方も多いかもしれません。

 

Badooの特徴

比較的安価に有料会員になる事ができ、スマホ、パソコンどちらもGPS利用によるご近所検索が可能です。ただ、無料会員だと一日最大5人までしかメッセージを送ることができません。また、サーバーが貧弱なのか、たまに表示がものすごく遅くなることがあり、今まさに会おうとしている女の子なんかがいる場合は、結構ストレスが溜まります。また、女の子の気を引くためにプラチナ会員になったとしても、ライバルが多いためにもっとお金を使わないと女の子の注意を引くことができなくなるという悪循環に陥っています。おそらくこういった運営方針のせいで年々ユーザーが減っていってるのかと思いますが、とりあえず出会えないことはないので、ランクインさせておきました。

 

 

4. Instagram(インスタグラム)

え、インスタグラムってあの画像投稿SNS? 出会い系?はい、現地のナイトクラブや観光名所のタグを辿ってカワイイ女の子を見つけてみましょう。そして見つけたら彼女たちの写真にコメントを残しましょう。もちろん自分のアカウントもきちんと写真のアップロードをしていないと不審がられますが、そこそこ高めのホテルやレストランの画像、そして今まで訪れた様々な国の画像をアップしていると、羨望の眼差しで見られるなんて事もしばしば。

インスタグラムは割と女性ユーザーが多いというイメージが強いかもしれませんが、ここインドネシアも例外ではありません。

また、昨今では女の子のあっせんに利用する集団も現れてきているため、注意深くチェックしていると新しい発見があるかもしれません。

 

Instagramの特徴

アカウントの性質上、「浮気」ができないので複数アカウントを所有する必要があります。一人に的を絞ってGO!というならともかく、何人も味見したいという人には正直あまり向いていません。場合によってはただの時間の無駄になるかもしれません。ただ、少なくとも私の知る限りでは日本人でこの手法を取っている人はかなり稀なので、ブルーオーシャンを優雅に泳いでみたいという人にはオススメ。

競合は少ないのですが、とにかく身バレしないよう細心の注意を払いましょう。

インスタグラムでフォローしたい!インドネシア美女のアカウント15選

 

※ここからは中流層というよりはウリをやってる女の子や、それをあっせんしている業者がよく使っているアプリになります。お金で買えないものはない!

 

WeChat (ウィーチャット)

中国、ベトナムなどでは「ウリ専SNS」としてその名を知らないものはいないであろうSNSアプリ。ご近所検索もできるので便利は便利ですが、なぜかレディボーイも多いので、だまされて彼女(彼?)の指定する住所へホイホイ出向いたりしないよう気を付けましょう。彼らは非常に獰猛な生き物です。決して彼らを後ろに勃たせてはいけません。

完全無料ですが、業者は多いです。

 

Beetalk (ビートーク)

こちらはタイで一世を風靡したご近所出会い系アプリ。GPSの精度が正確すぎるため、グランドインドネシアやセントラルパークといった有名なショッピングモールなんかでご近所検索してみるとなかなか楽しいです。

Beetalkはあまり業者カラーは強くなく、ユーザーも英語がわからない現地の女の子が多めといった印象。どうしてもインドネシア語のスキルが不可欠になってきてしまうため、初心者向けではないという事でランキング外にさせて頂きました。

それでもインドネシア語(Bahasa Indonesia バハサ・インドネシア)を勉強中の現地採用もしくは駐在員の方にとっては、いろいろなスキルを磨ける必須アプリかもしれません。

ただ、返信率はほかのアプリと比べてそれほど高くはないので、気長に待ちましょう。

 

Skout (スカウト)

Badooのコピーサイトのような作りですが、あまり多くのオンラインユーザーはいない模様。ただ、一度だけ日本にいるときに東京在住のネシアっ娘と出会えたという奇跡が起きたので、一応ご紹介。

出会えたといっても、そのコとはカフェでお茶した程度で、向こうも海外転勤が多いキャリアウーマンだったので馬が合わず自然消滅しましたが。

 

Tagged / Hi5(タグド / ハイファイブ)

フィリピンなんかでは一時期絶大な人気のあったTaggedですが、以前はHi5という名前でインドネシア現地では結構有名でした。現Taggedは、正直なところサクラが多く、年齢層もかなり高めなので、使っていてもあまり楽しめないかもしれません。とはいえ、またHi5の頃のように持ち直すかもわかりませんので、一応簡単にご紹介。

 

Adult Friend Finder(アダルトフレンドファインダー)

あからさまなネーミングすぎて会員登録すら躊躇してしまいそうですが、まぁ、おとなのおともだち検索ができるサイトです。

サイトデザインが結構古めで、個人的にはあまり興味は湧きませんでしたが、知人の中にスリーサム(3P)希望のカップルと出会ったというツワモノもおり、にわかには信じがたいものの、どうやらちょっと変わって嗜好の持ち主たちが集うコミュニティのようです。

※残念なことに、インドネシア政府が国内からのアクセスを禁止しているため、インドネシア国内で利用する際には、VPNサービスの利用は必須となります。

【VPN】インドネシアでもDMMやXVideosが見れるの知ってた?

 

 

総括

相変わらず無料アプリ、無料サイトで女の子ゲットするにはそれなりに労力をかける必要があるみたいです。完全無料のSNSや、WeChatのようにレディボーイ(竿付き)の巣窟であったり、英語が話せないコが多かったりといった欠点が目立ちます。遊びや割り切り目的で使うにしても、出会うからにはコミュニケーション能力は不可欠。万が一トラブルに逢いそうになった場合でも、回避できるだけのコミュ力を持って臨みましょう。

一分一秒が惜しい働くお父さんお兄さん、一か月だけでもお試しで有料会員になってみるのも手ではあります。

月に2,3千円払って片手間で女の子とアポが取れるのと、数千円惜しんで何時間も出会い系サイトで時間を費やした挙句、アポ取りできた女の子はわずか一人…。

どちらが賢い選択かは言わずもがなだと思います。

 

今回紹介した一部アプリの攻略法以外にも、出会い系サイト攻略法は随時アップデートしていきますので、興味のある方は、出会い系タグのついてる記事だけでも購読してみて下さい。

 

追記:Indonesia CupidよりAsian Datingの方がコスパ良し

この記事を御覧頂いた読者様から、数件コメントお寄せ頂きましたが、Indonesia CupidよりAsian Datingの方がコスパが良いと感じる方もいるみたいです。

そう感じる理由

  1. インドネシア以外のタイやフィリピンでも使える
  2. インドネシア人ユーザー数が多い
  3. 即アポで即ハメ可能?

以下、読者さまより頂いたレポートです。

ジャカルタへ渡る前にアポを取っておいた現地の20代の女の子と、ブロックM周辺の某ショッピングモールにて待ち合わせ。こちらはもちろんソクソク目当てで話を進めていましたから、合流後は昼間っからホテルでハメ撮り三昧でした。この子非常にノリが良く、キクモン舐め以外はなんでもオッケーでした。1日拘束して赤札たったの3枚という破格のコスパ。インドネシアはやはりこうでなくては。

ジャカルタは5日間の滞在だけでしたが、ほぼ毎日のように変態プレイに付き合ってくれました。Aisan Datingの良さは、私のように東南アジアを渡り歩いている人間なら、いつでも次の目的地の女の子をネットで探せるという点にあるかと思います。実際、上のジャカルタ娘とのプレイ休憩中も、Asian Datingで女の子をチェックしたりしていました(笑)

どうやら最近ではインドネシアではAisan Datingが一番コスパ良いみたいです。Tinderなんかと違って、日本にいながらでも相手を見つける事ができ、かつ外部でのやり取りも簡単にできてしまうため、サイト内でFacebookなど連絡先を交換したら、後は好きなだけエロい話ができちゃうのです(笑)

ぶっちゃけこれは使わない手はありません。

 

ペロさん(管理人)
インドネシアで働く元駐在員でしたが、独立してジャカルタで気楽に余生を過ごしております。カリジョドハマり組、ブロックMあたりの KTV はあんまり好きじゃないです。ナンパ・ハメ撮り寄稿はこちらまで。

コメントを残す

質問・感想など気軽にどうぞ

メールアドレスが他のユーザーに公開される事はありません。

*
*