ポストカリジョド?15万ルピアでU18出没の暗黒置屋通りでハメ撮り

ジャカルタ風俗好きのライター様から、ポストカリジョドと呼ぶにふさわしい置屋通りのレビューをいただきました。かつて未成年がゴロゴロしていたと噂のカリジョド壊滅から、早いもので1年もの月日が経ってしまいましたね。昨今のアレクシス閉鎖宣言といい、最近のジャカルタは不穏な空気が立ち込めています。

 

それでも15万ルピアで若い子が抱ける

カリジョドには、当時7割以上もの売春婦がHIVに感染しているという調査結果が出たぐらい、多くの病気持ちジャカルタっ娘がおり、STD(性感染症:性病)の巣窟とまで言われていました。

実際、ジャカルタのローカル置屋というのは、どこも定期検診はあまり受けていないのが現状で、臨戦時は必ずゴムをするよう強く推奨致します。

中には、嬢の方からゴムなしでまたがってくるものもいますので、うかうかしているとあっという間にHIVポジティブです(汗)

 

しかしローカル置屋は何でも言うこと聞いてくれる

ほっぺにチューでセルフィーなんて朝飯前、ここで働いている嬢達は、結構オトコの欲望に対して従順というか、奉仕の精神は少なくともタイのバンコクのゴーゴー嬢の4,5倍はあるのではと思ってしまうぐらい、非常にアグレッシブです。インドネシア全体が割りと男尊女卑国家なので、パラダイスSPAで働いている娘も、割りと従順な娘が多いように思います。ホテルトラベルやクラシックホテルのSPAはあんまりいい評判聞きませんけどね…。

 

ナマ着替えノーカット撮影

ちょっとだいぶ話を端折ってしまっててすいませんが、この充実感・達成感は筆舌に尽くしがたいものです。たった1300円ちょっとで、コスプレ、ハメ撮り、NN、なんでもアリというのですから、コタのアレクシスなんぞ潰れてくれても屁でもないぐらいです。

 

ハメ撮りOK嬢がなぜこんなに多いのか

最初は隠し撮りのつもりで小さいアクションカムを持っていったのですが、意外とiPhoneでセルフィ後からそのままハメ撮りへと移行してもなんら抵抗しない事に気づき、最終的には動画撮影用の若干デカめのハンディカム(10万円相当)と折りたたみ式の三脚持参でありとあらゆる願望を叶えてきました。

 

何度も言いますが、たったの15万ルピアです。

ジャカルタの風俗のコスパは東南アジア最強と言っても過言ではないぐらい、単価が激安です。それでいて若い子が揃っている。もうタイなんて行ってる場合じゃないですよ。これでパタヤみたいなビーチがあれば最高なんですけどねジャカルタ。

1日に多発可能な方からしたらもう天国でしょう。

コタインダーのGland L.Aや、New Sariayuなども、確かにNN成功率は高い事で有名です。しかし、最近になってどこも値上げ気味になってしまい、どうもコスパの面では微妙になりつつあります。

とはいえまだまだ店内はキレイな方なので、いつ崩れるかわからないような掘っ立て小屋ばかりのローカル置屋よりは、安心して種付けができるというのが、コタインダーメリットでもありますが。

 

お顔隠してアソコ隠さず

※撮影モデルは下着を着用しています。それはもうガッツリと。

白ニーソに白ネグリジェと、性癖が完全にアレなのはさておき、褐色の肌には白基調のコスプレがピッタリだと思うのは私だけではないはず。(賛同頂ける方はコメント下さい!)

無料で公開されている置屋MAPのおかげでだいぶ良い思いができました。

ネシ庵さんへの感謝の気持ちも込めて、またレビューしたいと思います。

1日に3人以上相手にしたのでまだまだ写真素材が有り余っています(笑)


 

以上、ジャカルタ風俗好きのライター様からのレビュー記事第一弾でした。

中々過激なレビューだったため、ムスコは直立不動で読み切ってしまいました。まだガッチガチです。

 

読者様レビューの採用・不採用は完全に管理人の独断となってしまいますが、審査基準は非常に簡単で、管理人のムスコが最後まで直立不動でいられるかどうかとなっております。

クソみたいな審査基準で恐縮ですが、ガッチガチにさせてくれるライターの方、お待ちしております。

ペロさん(管理人)
インドネシアで働く元駐在員でしたが、独立してジャカルタで気楽に余生を過ごしております。カリジョドハマり組、ブロックMあたりの KTV はあんまり好きじゃないです。ナンパ・ハメ撮り寄稿はこちらまで。

コメントを残す

質問・感想など気軽にどうぞ

メールアドレスが他のユーザーに公開される事はありません。

*
*