カリジョド死すとも 置屋は死せず

ついにこの日が来てしまいました。昨日現地の警察240人あまりを動員してカリジョドの一斉立ち退き勧告が現地の住民、そしてバーやカラオケなどの経営責任者に2016年2月25日付でされたとの報道。

 

読者様からもコメントをお寄せいただき、あぁ、ついにこの日がきてしまったかと、ペロさんは悲しみにに浸っています。地雷女1●歳中だし美少女、カリジョドで出会った女の子たちとの思い出は、いつまでも大切にペロさんの心の中にしまうことにします。

さて、ジャカルタ当局によると、厳密にはまだ最終的な立ち退き勧告ではないらしいのですが、住民たちは立ち退きを余儀なくされている状態です。

ちなみにカリジョドは今後緑地公園となる予定で、すぐそばも野っ原の公園みたいなもんじゃねぇかよとツッコミたくなりますが、とにかく更地にして少女買春等の悪いイメージを払拭するのが狙いでしょう。

タイを含め東南アジアの魅力ってなんでしょうね。何十年経っても産業が生まれない、現地の企業が栄えない(有名企業はだいたい華僑資本)、性風俗産業を東南アジアの国々から取ったら、いよいよ外貨を得る手段を失うのではないでしょうか。

 

カリジョドは移転する?

おそらくカリジョドで今まで働いていたものたちは、またどこか移転して同じように営業を再開すると予想されていますが、一部メディアでは、カリジョドからそう遠くない地域になるのではという見方。

あれだけの人数の食扶持を潰してしまったわけですから、政府も何か他に職を与えるなりするぐらいの姿勢が見たいものです。まぁ彼らの言い分からすると、違法行為に補償もクソもないんでしょうが。

相変わらずジャカルタのパラダイススパは、お上のお膝元で商売を続けています。

個人的には、もう定期セフレを作るのにそう苦労しなくなったので、スパへはとんと行かなくなりましたが、やはりたまに行ってみたくもなるもの。風俗はいろんな種類があるからこそ楽しめるのに、政府のどうでもいい方針のせいで、その多様性が失われてしまうのはなんとも悲しい限りです。

 

とはいえ、今後Twitter, FacebookなどのSNSを利用した売春など、変わった形でも売買春は行われていくんですけどね。置屋に初めて行った時のあのスリル、かわいい美少女にめちゃくちゃしてもニッコリなあの背徳感、地雷女と揉めた時の胸糞感全部含めて置屋の良さなんですけどね。

とにかくこの騒動が早くひと段落して、彼らが新天地に移住することを願って止まないばかりです。

 

みなさんチームカリジョドに出資しませんか!!

 

(T ^ T)

 

ペロさん(管理人)
インドネシアで働く元駐在員でしたが、独立してジャカルタで気楽に余生を過ごしております。カリジョドハマり組、ブロックMあたりの KTV はあんまり好きじゃないです。ナンパ・ハメ撮り寄稿はこちらまで。

2 件のコメント

博多中吉
3月 16, 2016
たまたま見つけブログを拝見させて頂きましたがいやぁー面白かった!! ペロさんの裏表のないオープンでsukebeなお人柄が感じ取れ楽しく読ませて頂きました。 実はソレガシ近々ジャカルタ近郊に移住する予定。 ご縁があればお見知り置きを。
ペロさん(管理人)
ペロさん(管理人)
3月 17, 2016
ナイスなネーミングセンスですねw お楽しみ頂けたようで何よりです。最近ちょっと忙しくて更新できてませんが^^; 近々バリやスラウェシも記事まとめて上げたいと思いますので、引き続きどうぞ宜しくお願い致します( ^_^)

コメントを残す

質問・感想など気軽にどうぞ

メールアドレスが他のユーザーに公開される事はありません。

*
*