自己紹介

主にジャカルタに多く見られる大箱タイプの複合(エロ)施設で、SPAやバーがあり、ヤリ部屋も設けられています。マカオのサウナに行った事のある方は、同じものをイメージされると良いかもしれません。基本的にはバーラウンジで女の子を選び、ヤリ部屋に連れて行くのが一般的なながれです。

本番だけでなくマッサージもしてくれますので、旅の疲れをマッサージで癒してもらい、お返しにいやらしい事をしてスッキリしましょう。

 

メジャー店

BathHouse (通称:アレクシス)

アレクシスホテルの7階にあるパラダイススパで、日本人も良く見かけます。女性の質で言えばジャカルタでも屈指のパラダイススパですが、ローカルのスパの相場が35万ルピア(約3千円)であるのに対し、135万ルピアとかなり強気です。

 

 

嬢のラインナップ

年齢はどこのスパも低めで、18歳になりたての娘も珍しくありません。大型店では昼間から40人近く待機している事もありますので、昼間っからハメまくりたいという方にはうってつけです。

基本的にローカルのスパはローカル(インドネシア人)のみですが、まれに隣国からの出張組も見られます。アレクシスのような高級店となりますと、東欧系の白人や、色白の中国人やベトナム人も揃えており、アジアンからユーロピアンまで、豊富なラインナップです。海外組を指名したい場合は「インポート」と告げましょう。

今まで見た事のある国籍

インドネシア人 / ベトナム人 / フィリピン人 / タイ人
中国人 / 台湾人 / モンゴル人 / 韓国人
ウクライナ人やロシア人(と言ってるが実際はカザフとかも混じってそうな印象)

東欧系の白人はちょっと高めの料金設定ですが、基本的にサービスは上々です。

(そりゃ高いお金払ってますからねww)

 

大型店かローカルか

ローカルは愛想が悪いかというと、そういう事もなく、ローカルスパでしか会えないような原石と手合わせできたりもするので、冒険したいなら断然ローカル店をお勧めします。

現地語が多少できれば引き抜いてセフレに…なんて事も可能です。

 

逆に、英語もままならないぞ…という方はなるべく大型店へ行って、日本語の話せるママさんに色々教えてもらうようにしましょう。

 

左または上の「地図タブ」よりパラダイススパマップがご覧になれます。

 

アレクシスやマリオボロのように大箱ではあるものの、ジャグジーなどの施設がないものは、置屋のページにて一緒にまとめさせて頂きました。

 

tourのレビューを書いてみませんか?